映画『人と仕事』

私たちの“今”を体感するヒューマンストーリー!! あなたは何を思う?
これは、二人の俳優と、コロナ禍に生きる人々の全く新しいドキュメンタリー

有村架純 志尊 淳

10.8 fri 全国3週間限定劇場上映

  • お求めの方に「お仕事応援!バーチャル背景(2種)」プレゼント! ムビチケ
OPEN / CLOSE
  • お求めの方に「お仕事応援!バーチャル背景(2種)」プレゼント! ムビチケ

2人はその先に何を見た―?

有有村架純 × 志尊 淳 × スターサンズが贈る”今“を体感するリアルストーリー!!

INTRODUCTION

有村架純、志尊淳という、名実ともに今最旬の2人が、新型コロナに打ちひしがれた日本の職場で働く、「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士や介護福祉士、農家などの人々や、声なき仕事人達の現状をレポートする。企画は、『新聞記者』(19)、『パンケーキを毒見する』(21)など、話題作を世に送り出しているスターサンズ・河村光庸。監督は『さんかく窓の外側は夜』(21)の森ガキ侑大。2020年、元々このチームで劇映画を制作予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大により、映画制作を断念せざるを得ない状況へ。しかし、世の中に一石を投じ続ける河村エグゼクティブプロデューサーならではのアイデアにより、監督・俳優はそのままに、現在の日本を探るドキュメンタリー映画へシフト。
夜の街で生きる人々や、シングルマザー、社会的養護が必要な子ども達の姿など、撮影する中で次第に見えてくるのは“誰にも頼れない社会”。貧困、分断、孤立や家庭崩壊ー。だがその中でたくましく生きる人々の言葉は、観るものの心に深く刻みつけられる。これは、まさに私たちが生きる“今”を映し出したヒューマンストーリー !

STORY

2人の“俳優”が、役ではなく、そのままの“自分”としてスクリーンに登場。有村架純と志尊淳が、保育士や農家などといった職業に就く人々を訪ね、体験し、演技ではない、ありのままの言葉や表情で、職場が直面する数々の問題に触れ、現代社会の陰影を浮き彫りにする。そして、「リモートでは出来ない、そこにいなければできない仕事」の価値を再認識していく有村と志尊は、そんな「エッセンシャルワーカー」達の姿を、次第に自分自身の仕事-俳優業-と重ねていく。
様々な人と仕事への眼差しがもたらす2人の変化。「人にとって、仕事とは?」果たして2人が見つけた答えとは一

※2020年9月撮影

CAST & STAFF

有村架純(ありむら かすみ)

1993年生まれ、兵庫県出身。NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)で人気を博し、『映画 ビリギャル』(15)で、第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞と新人俳優賞をW受賞。また、同作と『ストロボ・エッジ』(15)では、第58回ブルーリボン賞主演女優賞に輝く。以降、第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞新人賞を受賞した『何者』『夏美のホタル』(16)をはじめ、『3月のライオン 前編/後編』『ナラタージュ』(17)、『コーヒーが冷めないうちに』『かぞくいろーRAILWAYS わたしたちの出発ー』(18)、『フォルトゥナの瞳』(19)、『花束みたいな恋をした』『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』『映画 太陽の子』(21)など。9月に舞台「友達」が控えている。

志尊 淳(しそん じゅん)

1995年生まれ、東京都出身。2011年に俳優デビューを果たし、2014年「烈車戦隊トッキュウジャー」で注目を集める。主な映画出演作に『帝一の國』(17)、『フォルトゥナの瞳』『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』(19)、『さんかく窓の外側は夜』『キネマの神様』(21)など。その他、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」(18)、「潤一」(19)、「極主夫道」(20)などテレビドラマに多数出演し、現在、NHK大河ドラマ「青天を衝け」に出演中。第43回エランドール賞新人賞・テレビガイド賞ほか、NHKドラマ10「女子的生活」(18)における演技により、第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞、第73回文化庁芸術祭テレビ・ドラマ部門放送個人賞を受賞している。

企画/製作/エグゼクティブプロデューサー:
河村光庸(かわむら みつのぶ)

1949年生まれ、福井県出身。2000年、株式会社アーティストハウスを設立し会長に就任。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(99)、『オペラ座の怪人』(05)などの日本配給に関わる。2008年に株式会社スターサンズを設立すると、『息もできない』(10)、『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』(16)などを買い付け、配給。2012年には製作・配給した『かぞくのくに』(ヤン・ヨンヒ監督)が同年の映画賞を席巻した。その後も精力的に映画製作を続け、『あゝ、荒野』(17)は日本アカデミー賞(最優秀主演男優賞)受賞のほか、各賞を総なめにした。その後も『愛しのアイリーン』(18)、『新聞記者』『宮本から君へ』(19)、『MOTHER マザー』(20)、『ヤクザと家族 The Family』『パンケーキを毒見する』(21)と話題作を立て続けに製作、『空白』(21)の公開が控えている。『新聞記者』は日本アカデミー賞で作品賞を筆頭に6部門で優秀賞を獲得。また同作のプロデュースで2019年度新藤兼人賞プロデューサー賞を受賞した。

監督:森ガキ侑大(もりがき ゆきひろ)

1983年生まれ、広島県出身。2004年、広島工業大学在学中にドキュメンタリー映画制作を始める。2006年福岡のCMプロダクションに入社し、2013年「THE DIRECTORS GUILD」に参加、2017年に脚本家・山﨑佐保子とクリエイター集団《クジラ》を設立。グラブル、資生堂、ソフトバンク、日清カップヌードル、dマガジン、DAIHATSU、JRA、エネゴリ君などのCMを手掛け、CANNES LIONS ACCシルバーなど多数受賞。「新しい学校のリーダーズ」のMVの制作なども担当。初の長編映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』(17)で第39回ヨコハマ映画祭 森田芳光メモリアル新人監督賞を受賞したほか、海外映画祭でも高い評価を得る。その他『さんかく窓の外側は夜』(21)や、テレビドラマでは「坂の途中の家」(19/WOWOW)、「時効警察はじめました」(19/EX)なども手がけている。

音楽:岩代太郎(いわしろ たろう)

1965年生まれ。東京都出身。東京藝術大学大学院を首席で修了後、テレビ、映画、アニメ、ゲーム、舞台など幅広いジャンルで活躍する。『血と骨』(04/監督:崔洋一)、『蟬しぐれ』(05/監督:黒土三男)、『春の雪』(05/監督:行定勲)、『利休にたずねよ』(13/監督:田中光敏)、『Fukushima 50』(20/監督:若松節朗)で、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。ジョン・ウー監督『レッドクリフ』シリーズ(08/09)、『The Crossing』シリーズ(14/15)、『Manhunt』(18)、ボン・ジュノ監督『殺人の追憶』(04)も手掛ける。近年では藤井道人監督『新聞記者』(19)、『ヤクザと家族 The Family』(21)、『MOTHERマザー』(20/監督:大森立嗣)、山田洋次監督『キネマの神様』(21)など。